ちょっとした生活の知恵を集めています

ビデオカメラの特徴比較

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

ビデオカメラで家族や子どもたちを撮影しようと考えている人におすすめの製品はどのような特徴を持っているでしょうか。
メーカーによってビデオカメラに対する考え方が違いますから、特徴も違ってきます。
初心者の時にはうまく撮れるように製品の機能をうまく活用することが大切です。
おすすめのビデオカメラはオートフォーカスで十分な手振れ補正が搭載されていることでしょう。
もちろん、手振れ補正があっても100%の補正はできませんから、ビデオカメラを使用する時の基本的な操作法は理解しておかなければなりません。

 

おすすめのメーカーとしてソニーがありますが、長年ビデオカメラを作り続けており、手振れ補正技術は最高レベルと考えられています。
手振れ補正とはビデオカメラが初心者の腕の動きによって、被写体からずれてしまった時に自動的に補正してくれる機能です。
一度ピントを合わせたら、その被写体が移動してもピントが自動追従してくれます。
多くの初心者は腕が動いていることを意識していませんから、手振れ補正機能がないと再生した時に画面が揺れてしまうのです。
演奏会など三脚を立てた状態で録画する場合は問題になりにくいですが、運動会やスポーツイベントなどのように被写体がいろいろな方向に移動すると、それに合わせてカメラを動かそうとするはずです。
初心者は滑らかなカメラの動かし方ができないために、画面が揺れてしまうのです。
ソニーのビデオカメラは3次元での本体のブレを検知し、映像を自動的に補正してくれます。
もちろん、レンズの視界から外れてしまうほどの大きな動きには対応できませんから、手振れ補正の限界を知っておくことが大切になります。

 

パナソニックのビデオカメラもおすすめ商品ですが、パナソニックは単にレンズから見える映像の記録だけではなく、録画を担当しているお父さんも同時に録画できるアイデアを取り入れています。
カメラを二つ取り付けることで実現した機能です。
もちろん、手振れ補正機能は搭載されていますが、ビデオカメラの新しい使い方として注目されています。
ビデオカメラの使い方は基本的には同じですが、それぞれの機種の特徴を比較した上で使うことが大切でしょう。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.