ちょっとした生活の知恵を集めています

不動産投資と初心者

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

不動産投資には多額の資金が必要です。また不動産投資の仕組みがわかっていないと、リスクが高いのではないかと心配になります。でも最近は若人の間で、将来の不安への防衛手段として、不動産投資の動きが増えてきています。

1.不動産投資の仕組み

不動産投資の仕組みと始め方を初心者にもわかるように説明しましょう。
不動産とはマンションやアパートのことであり、投資のリターンは家賃収入です。
ただ、不動産投資家がやることはオーナーとして資金を提供するだけです。
つまり、大家さんとしての仕事は何もありませんから、特別な始め方ではなく通常の投資物件と変わらないと言えるでしょう。率の高い貯蓄と考えればいいでしょう。

初心者は不動産投資の仕組みがわかっていないため、リスクが高いのではないかと心配してしまいますが、マンションやアパートを建てるのは専門的な知識を持っている建築会社です。
自分たちで作るのですから、売れない物件を作るはずはないでしょう。
事前に調査を実施して、確実に売れる場所に物件を作るのです。

もちろん、マンションのオーナーになるためには資金が必要となりますが、金融機関のローンを利用することが一般的ですから、頭金なしで不動産投資を始める人も少なくありません。
ローンの返済は家賃収入から行いますから、実質的な支払いは発生せず、利益の方が大きくなるでしょう。

重要なことは、「いい物件」に投資することです。
ただ初心者にはいい物件の判断が付きませんから、不動産投資物件を提供している会社選びが重要となります。
インターネットで検索してみると会社の比較サイトがありますから、それを参考にしてみるといいでしょう。
また、たくさんの物件がありますから、どれを選ぶかも重要となります。
物件の所有権は投資家にありますから、ローン完済後は自分で住むという選択肢も可能です。
自分でも住んでみたいと思うようなマンションに投資してみるのはどうでしょうか。

不動産投資が他の投資と比べて安全だと考えられるのは、不動産は自分の所有物として残るからでしょう。
もちろん、二つの家を持っていても使い道がないと思うかもしれませんが、完全に価値がなくなるわけではありません。
一定の売値は期待できます。
また、子どもたちが独立した後の住まいとして考えることもできるでしょう。
不動産投資は単に利益を得るためだけの投資ではなく、人生設計を考える一つの手段と言えます。

2.不動産投資の始め方の注意

初心者が不動産投資を始める時に注意しなければならないことは何でしょうか。
不動産投資の対象としている物件の評価を自分で行おうとすることです。
初心者は資金だけを提供し、投資をすべき物件選びは専門知識を持っている投資会社に依頼することが確実な始め方です。
不動産投資を専門にしている会社は、物件に関する詳細な分析を行っています。
立地条件、建物の魅力、建て方、周辺の不動産物件情報などを考慮して、新しいマンションを建設しています。
初心者が自分で考えた始め方よりも現実的な選択肢を提供してくれるでしょう。
もちろん、物件によって規模が異なりますから、必要となる頭金、ローンの組み方が違ってきます。
自分の人生設計と同じように不動産物件への投資を考えてください。
ローンは長期にわたりますし、ローン返済後は自分の住む家にすることもできるからです。
ただ、地方にいて都心部のマンションに投資する人も少なくありません。
実際にはどのような物件なのかを見ることもなく手続きをするケースもあるでしょう。
それでも不動産投資会社が信頼できるなら、それだけで十分なのです。
不動産物件の価値は常に一定ではなく、周辺の状況の変化によって変動します。
高くなることは投資としていいことですが、必ずしもうまく行くとは限りません。
特に地震や豪雨によってマンションの倒壊などが起きれば、投資物件として大きな打撃を受けることでしょう。
それはリスクとして認識しておかなければなりませんが、投資だけではなく自分が生活している宅地でも同じリスクを抱えていることを理解しておいてください。
リスクがあっても、人は自分の家を確保していますし、住宅ローンを組んでいるはずです。
つまり、不動産投資のリスクは自分の生活のリスクと同じであり、投資対象として特別なリスクはないと言えるでしょう。
これが不動産投資は安全だと言われる理由です。
不動産投資では新築のマンションだけが対象となるわけではなく、中古マンションでも提供されています。
将来を見越して、十分な利益が得られると判断されるなら投資対象として問題ないからです。
インターネットで不動産投資に関する情報をチェックしてみてください。
いろいろな方法があります。

3.不動産投資と利益

不動産投資の利益はどれくらい期待できるでしょうか。
もちろん、投資対象となる物件によって条件は大きく変わってきます。
一般的には投資額が大きければ利益も大きくなると考えていいでしょう。
ただ、初心者が始め方で迷ってしまうのは、利益ばかりを期待してもリスクもあると思うからです。
もちろん、投資ですからリスクがないわけではありません。
しかし、金融商品への投資よりも不動産投資の方がリスクは低いと考えられます。
初心者には不動産の価値を判断することは難しく、始め方としては、先ほども述べたように、投資会社の情報を活用することがいいでしょう。
不動産を経営している企業はマンションの価値がどの程度なのかを細かく分析しており、将来の予想も想定しています。
一棟のマンションを建築するためには高額な資金が必要ですし、それを回収するまでにはかなりの期間がかかります。
それを不動産投資として販売することで、建設費用の回収を早めることができると考えられます。
マンションのオーナーも家賃収入を得ることで、長期的な利益を得ることができるため、お互いの利益が合致する仕組みです。
当然ながら、そのお金は家賃を払っている入居者が出しているわけですから、それだけの価値のあるマンションでなければなりません。

不動産投資では選択する物件の選び方が重要となるのです。 例えば、都心部の一等地であれば高額な家賃でも借り手はいることでしょうし、地方においても立地条件がよく相場に見合った家賃であれば需要は高いと考えていいでしょう。
このように不動産は需要と供給のバランスが重要となります。
その情報収集は不動産会社が得意とする分野であり、これまでの実績を基にして算出します。
不動産投資の初心者はその情報を活用することだけで済むのです。
どのような物件に需要が集まっているのかを調べてみましょう。
そして、適切な情報を提供してくれる不動産会社を選ぶことが初心者にとっての始め方のポイントです。
立地条件では将来の予想も考慮しなければなりません。
10年後、20年後も不動産投資は継続していかなければならないからです。
目先の利益だけを考えるのではなく、継続して利益を上げられるようにすることが重要です。

4.まとめ

不動産投資だけではなく、どのような投資でも一定のリスクがあります。
しかし、それを回避する方法を知ることが重要であり、それによって安定した不動産投資ができるのです。
初心者には不動産投資の始め方がわからないと思いがちですが、インターネットで調べれば始め方は簡単だとわかります。
もちろん、不動産を扱いますから少額では始められません。しかし、初心者への敷居を下げることを目的としたローンを金融機関が提供しています。つまり、ローンを組んで不動産を購入するのです。
そしてマンションの運営は不動産会社に依頼しますから、オーナーとなった人は特別なことは何もしなくて済みます。一般的なイメージである大家さんとして、家賃を回収したり、家屋の修繕などは必要ありません。
初心者でも気軽に不動産投資ができる時代となったのです。
ただ、不動産会社に運営を任せますから、その委託費用が発生します。
その分だけ家賃収入が目減りすることになりますが、それは手間を省くための必要経費と考えるべきでしょう。

いうまでもなく、マンションやアパートは借り手がいなければ収入を得ることができません。
「家賃を高めに設定しても借り手がいる」、という状況を作ることが大切になります。
それが不動産物件としての魅力になりますが、初心者がこの判断をするのは難しいでしょう。
そのため不動産会社が物件の細かい分析を行っており、優良物件と、そうではない物件を区別してくれます。その評価内容で判断すればいいだけです。

しかし、不動産会社は自己資金で運営しない理由は何でしょうか。
それは巨額な費用が必要なため、外部からの資金提供を受けて、安定したマンション経営を行っていくことに主眼を置いているのでしょう。

不動産投資では収入減は家賃だけであり、できるだけ空き部屋がない状態が望ましいはずです。
そのためには定期的な改修も必要となります。
オーナー、借り手、運営会社がそれぞれ満足できる状況がベストでしょう。
不動産投資は短期間で収入を得るのではなく、長期的な視点での投資と考えなければなりません。自宅を購入するケースと同じです。
自宅の周辺は10年後には大きく変改しているでしょうが、それを想定することは難しいのです。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.