ちょっとした生活の知恵を集めています

コロナ対策と経済

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

コロナウイルスの広がりによって多くの人の命が失われました。
世界中で外出規制が行われたため、経済活動は最大の危機となりました。
そして、大手企業の相次ぐ倒産を乗り越えるために、いつから経済活動が再開されるかに注目が集まっていました。
ある程度のコロナウイルスの終息が見えてきたところで各国は経済活動を再開させましたが、そこに第二波とみられる感染者の増加が出てきました。
これは外国だけだはなく日本でも同じ状況です。
東京だけが突出して感染者数の増加がありましたが、徐々に大阪など他の大都市にも第二波の兆候が出てきています。
日本政府としてどのような対応をするかについて、いろいろなところで議論がなされていますが、政府関係者と医療機関での認識のずれが問題となっています。
経済活動を優先したい政府と、医療崩壊の危険性を主張する医療機関では第二波への対応が違うのです。
個人の意見も分かれています。
それは働いて収入を得なければ生活できませんから、経済が停滞したままでは困ってしまうでしょう。
ある程度の経済活動の再開は歓迎すべきことです。
しかし、コロナウイルスの第二波が広がってしまうと、再び経済が停滞することになります。
非常に難しい問題であり、誰にも答えを出すことができないでしょう。
政府からの給付金だけで生活できる人はほとんどいませんし、これまでの貯蓄を切り崩しながら生活を維持していることでしょう。
自分のことだけでも精一杯ですが、地域や職域の活性化も重要な課題です。
会社が潤うためには単独の経済活動だけでは不十分です。
社会全体が動き出さなければならないのです。
このような閉塞感の中、新しいビジネスチャンスを考えている人たちもいます。
インターネットを活用したテレワークを中心とした仕事をサービスとして提供するのです。
経済活動のすべてがテレワークでできるわけではありませんが、これまでは必要性を感じなかったためテレワークを導入していなかった企業が少なくありません。
テレワークが可能であれば、東京に事務所を構える必要もありませんし、満員電車で通勤する意味もありません。
地方にいてもインターネットがあれば十分な人たちが移住を検討し始めています。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.