ちょっとした生活の知恵を集めています

コロナ対策と観光

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

日本ではコロナウイルスの感染拡大で観光業界は大きな打撃を受けました。
もちろん、日本だけではなく世界中の観光地で人がいなくなってしまったのです。
コロナウイルス感染者数の減少によって、徐々に観光が再開されていますが、東京を中心として感染者数の増加がみられる地域では第二波の到来と判断されるため、積極的な観光客誘致はできない状況です。
世界中の経営者や働く人たちは、人には来てもらいたいけれども、コロナウイルス感染は広げたくないというジレンマに陥っています。
残念ながら、この状況を改善する確実な手立ては、今のところありません。
ワクチンが開発されて、多くの人が摂取できるようになるまではじっと我慢しなければならないのでしょう。
もちろん、観光地では3密を防ぐための対策を取った上で観光客を入場させるようにしています。
時間当たりの利用者を制限したり、観客席の間を空けるなどの対策は政府のガイドラインに沿ったものです。
それによって確実にコロナの第二波を防ぐことができるわけではありませんが、何も対策をしなければより大きな第二波に飲み込まれてしまうことでしょう。
観光地で仕事をしている人だけではなく、輸送業界、交通機関など私たちの生活を支えている業種のほとんどが大きな影響を受けており、その立て直しにはかなりの時間がかかると予想されています。
日本政府は7月の連休からGoToキャンペーンの開催を決めました。
このキャンペーンの開催に当たっては賛否両論が渦巻いていおり、政局を左右しかねない状況であることは連日のニュースでわかるでしょう。
東京では感染者が増えており、それが他県にも広がったと想定されるため、観光に出かけるとしても県境を越えないレベルの移動に限定すべきでしょう。
もちろん、すべての行動は個人で判断すべことであり、国が強制していることではありません。
自分が感染しているかどうか判断できない状況では、外出を控えることが賢明と言えます。
実際の観光地に行くのではなく、オンラインで動画などを見ることができるサイトも作られています。
これまでとは違った観光を楽しんでみてはどうでしょうか。
将来においては、それが当たり前になっているかもしれません。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.