ちょっとした生活の知恵を集めています

老化防止のための成長ホルモンとサプリメント

Yusuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke
0

成長ホルモンは老化防止と密接な関係があります。

成長ホルモンは、その名前の通り子供が大人に成長するためのホルモンですが 、代謝を促す働き、つまり体内の物質をエネルギーに変換させる働きがあります。従って大人になっても必要かつ重要な働きをするホルモンなのです。

しかし、この成長ホルモンの分泌量が年齢とともに減少していくので、老化を促進してしまうのです。70歳を超えると 思春期の1/3以下まで分泌量が減少するそうです。従って筋力の衰えを招き、運動も長続きしません。 

ですから、老化防止のためには、運動とともに、成長ホルモンを分泌させることが重要になってきます。

そして成長ホルモンは、 就寝後、最初の90分以内に分泌されるそうです。

つまり、成長ホルモンの分泌のためには、睡眠が重要な役割を果たすことが分かります。

一般的にはしっかり眠ることが朝の目覚めを快適にして、一日を健康的に過ごせると言われていますが、実は成長ホルモンの分泌も関連していることがわかっています。

健康を維持するためには食事、睡眠、運動が大切ですが、そのうちの睡眠と運動に成長ホルモンが影響しているのです。

ですから一般的には、運動と睡眠に注意して生活していれば、老化防止につながると言えるでしょう。 なかなか運動ができないという人でも、睡眠だけはしっかりと取るように心がけましょう。

その他の成長ホルモンの働き

若い人は、仕事や遊びで不規則な生活パターンとなることが少なくありませ。でも、年をとっても健康な体を維持したいと願うなら、若い時から規則正しい生活を心がけ、運動と睡眠に注意して、老化防止に取り組む必要があるのです。

一方、認知症や骨粗しょう症の防止にも成長ホルモンが関係していいますから、老化が進んでからも、成長ホルモンは重要な働きをしています。

運動で傷んだ筋肉を回復させるのも成長ホルモンであり、睡眠中に筋肉が増強することになります。 また、適度な運動は快適な睡眠を誘い、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

老化防止のサプリメント

病気が原因で成長ホルモンの分泌が抑制されている人のために、ホルモン注射やサプリメントがあります。

老化防止に効果があるサプリメントにはどのような成分が含まれているでしょうか。

老化が進行するのは、活性酸素が増加するからだと考えられており、そのため抗酸化作用を持つ成分を摂取することで活性酸素を減らそうという考え方があります。 

しかし、この抗酸化作用の成分を含んだサプリメントを服用することで、具体的な効果が期待できるという医学的な解明はされていないのが現状です。

つまり、サプリメントを服用するだけでは老化防止につながらないと言うわけです。

抗酸化作用を持つ物質としてビタミンCやビタミンEが話題になりますが、これらを過剰に摂取することで、別の弊害が出る恐れがあります。

特に新陳代謝が衰えている高齢者にとっては害の方が大きいかもしれません。

老化防止は誰もが願うことですが、老化を完全に防ぐことはできず、進行を遅らせることが可能なだけと言えるでしょう。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.