ちょっとした生活の知恵を集めています

一眼レフカメラと写真の撮り方

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

一眼レフカメラを購入する人は、初心者であっても写真の撮り方をある程度理解しているでしょう。
単なる記録として写真を撮るならおすすめはスマートフォンですが、わざわざ一眼レフカメラを検討するのは、その違いをわかっているからです。

それでは具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
まず、写真を撮る時には中心となる被写体にピントを合わせます。
そして、その周りがどのように写るかを意識しなければなりません。
それが写真の撮り方の基本です。
つまり、被写体とその周辺もある程度ピントが合ったような写真にするのか、逆にぼかした写真にするのかで出来上がった写真の印象は大きく変わってきます。
集合写真のように多くの人が被写体となる場合には、幅広くピントを合わせなければなりませんが、すべての人を鮮明に写すことはできません。
一点にピントを合わせると周りがぼけてしまうのはカメラの原理的な限界です。
一眼レフカメラを使用する場合には常に意識しておくべきことでしょう。
スマートフォンなどは自動的に補正をかけており、利用者は気にする必要がありません。
写真を芸術作品とみるなら、一眼レフカメラという道具をうまく使いこなせないと満足できる作品を仕上げることはできないでしょう。
初心者であってもカメラを購入したいと思うなら、いろいろな写真を撮りたいと思っているはずです。
初めは家族の写真、子どもたちの写真がメインですが、徐々に風景や草花などへも手を広げるかもしれません。
どのようなシーンでも一つのカメラとレンズだけで撮影できるわけではありませんから、おすすめの一眼レフカメラはレンズ交換が可能になっています。
レンズを交換することで作品の幅を広げることができます。
レンズには焦点距離が決まっていて、その距離に応じて撮像素子との位置関係を調整します。
それがピントを合わせることです。
内部では自動的に行われていますが、一眼レフカメラを操作するカメラマンが意識することが重要です。
ファインダーを覗いて見えているものが写真として記録されます。
一眼レフカメラを楽しいと感じられるようになれば、もうあなたも初心者ではありません。
後は自分の技術を高めていきましょう。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.