ちょっとした生活の知恵を集めています

保険見直しの相談

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

保険はなかなか複雑な仕組みでできていますから、見直しをするなら詳しい人に相談するということになるでしょう。従来は保険を販売した保険会社に依頼するか、保険会社から勧められて見直すことが多かったと思います。しかし今や保険見直しを専門的に行っている保険業者も増えています。
新規の保険も重要な顧客ですが、見直しによって次の顧客を確保することが重要と考えられるのでしょう。

1.保険の見直しとは、そもそもどのようなことでしょうか。

若い時からずっと加入している保険なら、時代とともに制度や仕組みの変化に対応した保険がおすすめです。生命保険は契約期間が長期に及びますが、健康で何事もなかった人には何の恩恵もありません。
また、医学の進歩によって病気の形や手術の方法が変わりますから、10年以上経過した時には内容を見直すべきです。
保険金額についても、例えば死亡時に受け取るべき金額はいくらが妥当なのかを考えてみればわかるでしょう。

①学生や社会人になりたての人であれば、自分が経済的に支えなければならない家族がいる人はほとんどいませんから、死亡保険金は少額でもかまいません。
しかし、事故や病気で重度障害となるとその後の生涯にわたって多額の費用がかかることでしょう。
②また、家族を支える立場の人であれば、死亡後の家族への資産を残すために死亡保険金は重要な役割を果たします。
③そして、老後を迎えようとしている人であれば、終活の一部として保険の見直しを考えることがテーマとなることもあります。

いずれにしても、現在中心となっている保険の内容や、時代の変化を取り入れるための専門的な知識がなければ相談に乗ってもらえません。
保険の見直しを積極的に進めて、保険の仕組みに関心を持ってもらおうと相談窓口を設けている会社は少なくありません。
保険について相談したいと言えば、懇切丁寧な説明で対応してくれるでしょう。
また、インターネットの普及によって保険の相談をチャットなどで行える仕組みも取り入れられています。
自宅に居ながら、自分の自由な時間に相談することができるのです。
今の経済状況や年齢、家族構成などを考慮して保険を選ぶことが重要ですから、自分なりのプランをイメージした上で相談を始めるとスムーズに進みます。

2.保険見直しのタイミング

ずっと契約していた保険を見直すにはタイミングが重要です。
一言でいえば、保険の見直しは自分の生活が変わった時だと言えるでしょう。
社会人になった時、結婚した時、子どもができた時、子どもが独り立ちして出て行った時、定年退職をしたときなどです。
それぞれのタイミングで必要となる保証内容は異なりますから、どのような見直しをするかを相談しなければなりません。
保険の見直し相談はどこの保険会社でも受け付けてくれますが、保険会社は自社の契約が減らないようにきめ細かい相談に乗ってくれるでしょう。
見直しのポイントは必要となる保証内容を明確にすることと、保険金額の上限をどれくらいにするかということでしょう。
①家族の中で重要な立場であれば、その分だけ保証内容を充実させておくことが安心です。
しかし、充実させれば毎月支払う掛け金も高くなります。
ですから保険会社の見直し相談の多くは、保証内容を下げない範囲で、掛け金を減らすことになるでしょう。

保証内容はそのままにして、掛け金を減らすためには、不要な特約を削ることが一番合理的だと言えるでしょう。
保険契約全体をやり直すと、解約手数料が必要になる場合もありますから注意しておかなければなりません。
もちろん、相談した時に担当者が詳しく説明してくれるでしょうが、自分でも調べておくことをおすすめします。

②社会人となった時に保険の見直しをするのであれば、契約者の変更や保険金額を下げることでしょう。
学生の時は親が保険契約者となっていることがほとんどですから、社会人となったら自分で掛け金を払う容認しなければなりません。
保険金額を下げることは十分な保証が得られないと思うかもしれませんが、若い時は病気にかかる可能性が低いですから、保険金額を下げても実害はほとんどないでしょう。
もちろん、保険は予想できない事態になった時のための防衛策ですから、病気にならない確証があるわけではありません。
ただ、自分の年齢と年収に見合った保険金額にしておくべきでしょう。

③それから、家族ができた時の見直しは夫婦がお互いの保険を合わせて観なおすことが重要となります。
別々に保険契約をするよりも家族割引などが適用される契約にした方が確実に掛け金は少なくて済みます。

3.保険見直しの費用

保険を見直すことで毎月の掛け金を減らすことができますが、契約変更や保険会社を変更することで手数料などの費用が発生する場合があります。
詳しい内容は保険を見直す時に相談する担当者に確認しなければなりません。

保険にはいくつもの種類があり、貯蓄性を重視したタイプと保証を重視したタイプに二分されます。

①貯蓄型の保険は保証内容を抑えておく代わりに、満期返戻金が多くなります。
契約途中で死亡した場合にはその後の掛け金は不要となり、満期返戻金が遺族に渡されます。
現代は低金利時代ですから、銀行に定期預金として預けるよりも保険の方がメリットは大きいと考えられますから、多くの人が契約している商品となっています。

②それから保証を重視した保険商品の場合は死亡保険金だけではなく疾病特約を付けられるタイプもあります。
ただ、最近は死亡保険と医療保険を分離する商品が主流となっています。
その理由は癌などの大きな病気になっても手術や投薬治療によって、生存率が高くなっていることがあります。
死亡した時に受け取る保険金よりも、病気の治療のための保険金を重視するように変わってきたのです。
また、病気の場合でも手術から退院まで数日で終わるケースが多くなりました。
医学の進歩によって体に負担をかけずに手術ができるようになったからです。
そのため、医療保険では1日目からの保険金支払いが当たり前です。
10年以上前の保険では2日~5日までは免責となっていましたから、その違いは大きいのです。

見直しの費用は保険契約期間と解約時の手数料となります。
相談をする場合にはほとんど無料となっていますが、面談した時にしつこく勧誘してくる業者もありますから注意が必要でしょう。
直接会って相談するよりもインターネットを使って相談する方が気軽に利用できるでしょう。
自分の都合のいい時間にチャットで相談できます。
保険代行業者は複数の会社の保険を取り扱っている場合が多いですから、あなたに適した保険を提案してくれるでしょう。
相談の後、実際に契約するかどうかはじっくりと考えてから決めなければなりません。
保険は短期間で変更することをあまり想定していませんから、見直しで損をしてしまうこともあります。

4.保険見直しの手続き

よく、自分が契約している保険会社の外務員から、「保険の見直しをしませんか?」とのお誘いを受けることがあります。
保険は、長期的な視点で契約しますから、長年掛け金を払ってきた保険会社に愛着を持っている人もいますし、すでに契約している保険会社との間で、契約内容を見直しをしたいと思う人も少なくないでしょう。
ですが、インターネットで検索してみると、保険見直しを専門的に行っている業者がたくさんありますし、無料相談を受け付けている業者の比較サイトまであります。
ですから、一度保険見直し業者に相談の打診をしておくことはそれなりの意味があると思われます。
その際、まずはインターネットによって無料相談を行うことがお勧めです。

保険の見直しをする時には、どのような時に、どのような目的で見直しをすべきかを考えるなど、事前に予備知識を入れておいた方がいいでしょう。保険の見直しをしたからと言って掛け金が確実に下がるわけではありません。むしろ、掛け金を変えずに保証内容を充実させることも視野に入れておかなければなりません。

保険各社はいろいろなタイプの保険商品を販売していますが、それらの違いを調べるだけでも大変です。
それを代行してくれるのが、保険見直し業者です。これををうまく活用することで、保険の内容をしっかりと確認し、有利な条件で保険契約を見直すことができるでしょう。、その上で、見直しする際の手続きは業者に依頼してもいいでしょう。もちろんその時は手数料が必要となります。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.