ちょっとした生活の知恵を集めています

おカネとは何か?

Yusuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke
0

おカネの機能

おカネには「交換の手段」「価値値の尺度」「価値の保存」という三つの重要な機能があります。

①「交換の手段」というのは、モノとモノの交換の仲立ち、つまり支払いに使うことができるという意味です。財布の中の500円玉や1,000円札というおカネで、本を買ったりジュースを買ったりすることができるという事、これが「交換の手段」としての役割です。

②「価値の尺度」というのは、モノの価値を正確に測ります。1,000円のモノは100円のモノと比較すると「10倍の価値」があるというわけです。

③「価値の保存」というのは、おカネは時間が経過しても腐らないので保存しておけるのがその特徴です。500円玉や1,000円札は、 一年経過しても三年経過しても500円玉や1,000円札であり、それぞれ、500円、1,000円の価値があります。

これらの三つの機能の重要性を知るために、おカネがなかった物々交換の時代を想像してみればわかり易いでしょう。

物々交換からおカネへ

まだおカネの制度がなかった時代、経済活動は物々交換で行われました。たとえば、魚屋さんと肉屋さんがいたとして、それぞれ魚と肉を交換すれば、その必要を満たすことができました。

ところが、この物々交換には大きな障害があります。たとえば、魚を手に入れたい肉屋さんが、魚屋さんの欲しいモノを常に持っているとは限りません。いつでも交換が可能なわけではないのです。また夕飯に牛肉を食べたいからといって、肉牛を飼育している人に牛肉をわけてくれと言っても、肉牛を生きたまま分割し交換に応じてもらうわけにもいきません。

このミスマッチを解消するために、「おカネ」が登場します。

おカネは「交換をするときに、誰もが満足して受け取れるモノ」であることが肝要です。言い換えると、いつでも、誰もが、いくらでも欲しいという特徴を持つモノです(例えばもっとも典型的なモノは金(きん)・銀です)。

おカネが充分にあれば、モノであれ、サービスであれ、どんなモノとでも交換できます。これが、おカネの「交換の手段」としての特徴です。

もっとも、交換の手段となるためには、保存が簡単で、かつ、腐らないという特徴が必要です。魚や肉は保存のために場所が必要で、しかも、保存しておくと腐ってしまいますから、そのようなモノは交換の対象にはならないのです。

保存が簡単で、腐らず、かつ価値があるという特徴が、おカネの「価値の保存」という役割となります。貯めていても誰も欲しがらないモノでは意味がありませんが、保存が簡単、腐らないという特徴自体が、誰もが欲しがるというところにもつながっているのです。

なお、誰もが欲しがる、貯められるという特徴から、そこには「単位」が想定されます。 1コ持っていても、 10コ持っていても同じというものでは、本当の意味で「誰もが欲しがるもの」にはならないでしょう。誰もが欲しがるものというのは、多ければ多いほどよいという性質を持っているはずだからです。これがおカネの「価値の尺度」としての機能です。

交換の対象となるためには、保存ができて、かつ、誰もがどんな時でも制限なく欲しいという特徴が必要ですが、「誰もが制限なく欲しい」ということは、その多い少ないに意味があることになります。多い、少ないを表わすには測るための単位が必要で、測ることができれば、「価値の尺度」として機能するのです。

ゴールドと金本位制

以上述べてきたおカネの機能(交換の手段・価値の尺度・価値の保存) を、持っていた物が「金」(ゴールド)です。

「金」(ゴールド)は誰もがたくさん欲しがり、錆びることがなく、熱によって自由に形を変えられる為に保存が簡単で 小さい単位に分けることも可能です。 江戸時代の小判はその典型で 、明治時代においても、明治四年に20円金貨が、翌年には1円金貨が発行されています 。

 

しかし「金」(ゴールド)の場合でも金額が大きくなると 持ち運びがとても面倒になります 。 例えば千両箱の運搬は容易ではありませんし、簡単に盗まれてしまうこともありました。

そこで考えられたのが「お札」です。

その沿革は、1600年中ごろロンドンの金細工商人が金貨を与かり、預かり証(手形)を発行した事に始まります。

もともと、お札は「金」(ゴールド)との引換券でした。「金」(ゴールド)を安全な場所に保管した上で引換券を発行してもらい、「金」(ゴールド)そのものではなくて引換券を交換の手段として用いたのです。引換券をもらった人は、「金」(ゴールド)を手に入れたければ、保管場所に行ってその引換券を渡し、「金」(ゴールド)を受け取ることができたのです。

もっとも、引換券を示して、一旦、「金」(ゴールド)を受け取っても、そのゴールドをまた交換の手段として用いるのであれば、わざわざゴールドを受け取るのは面倒なだけです。その引換券を持っていけば、確実に「金」(ゴールド)と引き換えられるのであれば、もらうほうの人は、「金」(ゴールド)そのものをもらうのも、引換券をもらうのも同じです。実は、この「金」(ゴールド)との引換券が、現代のお札の原型です。このように貨幣の価値を貴金属のような有価物に裏付けられているとする学説を「商品貨幣論」と呼んでいます。

そして、以上の流れを国家レベルでみたとき、「金本位制」という制度がありました。金本位制というのは、政府が「金」(ゴールド)を保有し、その「金」(ゴールド)の引換券としてお札を発行する制度です。この場合、お札は「金」(ゴールド)の代わりであって、物々交換の性質をまだ残していると言えます。この金本位制もさほど昔の話ではなく、ァメリカでは1933年まで採用されていましたし、日本でも1931年(昭和6年)まで採用されていたのです。

物々交換から脱皮

しかし今では、日本もアメリカも金本位制をやめています。いわゆる「不換通貨」を使用しています。

では、私たちが使っているおカネとは一体何でしょうか? 

先ほどみたとおり、かつてはおカネの性質を、「モノ」とみる「商品貨幣」だとしてきました。

これにに対して、今では「信用通貨」だとするのが一般的だといえます。

簡単に言えば、お札や硬貨の価値は「国が価値があると言っているから価値がある」ということになります。国に対する信用を背景にしているという意味で「信用通貨」なのです。

これは税金をその国の通貨で徴収していることと深い係わりがあります。

国は国民に対して納税義務を課し、その国の通貨を納税手段として法令で定めています。国民は国家に、納税義務を果たすためには、その国の通貨で支払います。つまり通貨は、国家に課せられた納税義務を解消するという価値を持つことになります。その価値ゆえに通貨は国民に受け入れられ、モノやサービスの取引や、貯蓄など、納税以外の目的でも広く使用されることになったのです。

つまり「通貨の価値を裏付けるものは、租税を徴収する国家権力である」と言うことになります。

簡単に言うと、その信用が崩れない限り、おカネとしての機能・特徴を持っことになります。皆が、「国が、1,000円の価値があると言っているのだから、 1,000円の価値があるに違いない」と思えば、誰でも1,000円札を欲しがります。

皆が欲しがるということから、交換の手段としては適しています。また、 1,000円札は腐りませんし、カビが生えたり錆びたりしませんし、さらに汚れたり破れたりしても価値は変わりませんから、価値の保存の手段としても優れています。また、国が決めたものとはいえ「円」という単位で測ることができますから、価値の尺度になることは言うまでもありません。さらに、そもそもお札が登場する要素のひとつである運搬の容易さや安全性もあります。

「金」(ゴールド)との交換という意味を失い、物々交換とは離れてしまった現代のおカネですが、国がその価値を保証していることから、国に対する信頼度が充分にある限り、その国のおカネには価値があることになります。おカネとは、国が価値があると言っているから価値があるという存在なのです。

 

参考文献:「金融がやっていること」永野良佑氏ちくまプリマ―新書,「奇跡の経済教室」中野剛志氏KKベストセラーズ,

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.