ちょっとした生活の知恵を集めています

大坂なおみ選手の準決勝棄権表明でテニス界も動きました。

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
+1

英紙ガーディアン(電子版)が、27日、女子テニス世界ランク10位の大坂なおみ(22)=日清食品=が27日、開催中のウエスタン・アンド・サザン・オープン(米ニューヨーク)の準決勝をいったん棄権するとしていましたが、ふたたび出場することを明らかにしました。

「私はアスリートである前に一人の黒人女性です。テニスをしている自分を見るよりもっと重要な問題があるように感じます」と述べて、 8月26日、アメリカで起きた黒人男性銃撃に対する抗議として、来週開幕する全米オープンテニスの前哨戦ウェスト&サザンオープンの準決勝出場を、棄権すると表明しました。

「私が出場しないことで劇的に何かが変わるとは思っていませんしかし白人が多数を占めるこのスポーツで議論を始めるきっかけとなれば正しい方向への第一歩になると思っています。警察による黒人の虐殺が続くのを見ていると、正直に言って吐き気がします。何度も何度もこの議論をするのはうんざりです。いつになったらこの議論は終わるの 」と、自身の SNS を通して全世界訴えかけた悲痛な叫びでした。これに続くように女子テニス協会なども人種差別に抗議し、27日の試合を全て中断すると発表しています。

しかし今回棄権を表明していた大坂なおみ選手ですが、方針を転換して大会に出場することが明らかになりました。

一部報道によると大会が延期され大阪選手の講義に注目が集まったことが理由だということで、大会運営側と協議した結果、「大会側の求めを受け入れて金曜日(28日の準決勝)でプレーすることにした」との声明を出し、女子ツアーを統括するWTAと大会主催者に感謝していると述べたということです。

全米オープン前哨戦の準決勝での棄権ですから、これは相当の「覚悟の棄権」ということになったかと思いますけれども、その行動が大会を動かしたということになります。

 

しかしこの抗議の動きなんですが、テニス界だけではありません。NBAでは事件が起きたウイスコンシン州を本拠地とするバックスなど 26日のプレーオフ3試合が延期となりました。さらにこの日メジャーリーグでもウィスコンシン州に本拠地を置くブルハーツの試合など3試合が延期となっています。プレイよりも優先することがある、大事なことがあるということを示したということになるかとおもいます。

+1
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.