ちょっとした生活の知恵を集めています

2020おすすめ漫画「プラテネス」

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

漫画にもいろいろなジャンルがありますよね。ギャグ漫画やラブコメなど面白いものはたくさんありますが、そんな中には人生を語ってくれるような漫画もあります。
有名アスリートなどの中にもずっと大切にしている漫画を持っていたり、人生を支えてくれた漫画を持っているという人、結構多いのではないでしょうか。
どんな漫画が人の心に響くのかはそれぞれによって響くものも違いますから、これとは断定することができませんが、そんな漫画になるのではないかと思えるのが「プラネテス」です。

プラテネスは、SF漫画ですが、SFといってしまっていよいのか悩んでしまうようなストーリになっています。
SF漫画というと何となく広大なイメージがありますが、この漫画にはそんなものはありません。宇宙という広い空間が取り上げられていますがストーリーは人間臭さ満載です。

主人公は宇宙ゴミであるデブリを回収するのが仕事です。もうこの時点でかなり地味な感じですよね。宇宙のゴミを回収するって・・・といた感じですが、プラテネスはこれでいいんです。
華やかさのある漫画ではありませんからこの舞台こそがピッタリなのでしょう。
作者は、よくこんな設定思いついたなと思ってしまいますが、この漫画では人々の悩みなどがとても丁寧に描かれており、それがなんというか現在と交錯する部分があり、なんだかわからないうちに引き込まれてしまうといった感じです。

現代でも本当は「自分はこんなことしているはずではなかった、もっと違う未来があったはず」といった思いを持っている人は少なくないでしょう。そんな人間臭い悩みや葛藤が描かれています。
この悩みや葛藤があまりにも現実世界とマッチしているのでついついのめり込んでしまい、まるで自分のことのように感じてしまうのがこの漫画です。

舞台は宇宙ですが、宇宙には重きをおかずといった感じでしょうか、とにかく自分と同じように悩み進んでいく漫画といった感じです。
ただ、何となく読んだ後に悩んでいるのは自分だけじゃない自分と同じように感じている人はたくさんいるのかもしれない、そんな気持ちになれるのではないと思える漫画です。

とにかく一度は読んでほしい漫画です。全5巻ですから読みやすいというのもありますが、この5冊の中に何とも言えない人間臭い物語が詰め込まれています。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.