ちょっとした生活の知恵を集めています

コロナの第二波に備える

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

コロナウイルスの恐ろしさは世界中の人が思い知らされました。
しかし、自分や自分の周りの人が感染していない場合、本当の意味でコロナウイルスを恐れていないのかもしれません。
感染者拡大が収まり減少傾向になったことで、人々の生活は新たな局面に入りました。
受けた痛手を回復するための活動再開です。
これまでと同じような生活はできませんから、感染予防を確実にした上での活動再開となります。
多くの人はマスクをして消毒をすれば、感染を防ぐことができると考えているはずですが、実際には対策を取ったところでも感染が広がっています。
今、まさに第二波の状況になっていると考えなければなりません。
東京は感染者数が増大していますし、それが大阪や福岡にも広がっています。
第二波は軽症者が多いため、必要以上に警戒しなくてもいいのではないかと考えている人も少なくありません。
しかし、それが油断となりコロナウイルス感染が拡大していくのでしょう。
コロナの第二波に備えるために、どうすればいいのかを一人ひとりが考えなければなりません。
第一波と第二波では人々の暮らしぶりも、医療体制も違いますから、単純な数字の比較はできません。
しかし、感染によって入院しなければならなくなった人の数は確実に増加傾向にあります。
若者は無症状でも感染した家族が重症化するケースが後を絶たないのでしょう。
コロナウイルスはインフルエンザと同じようなものだと、警戒を怠っている人がいることは事実です。
そのような人は自分が重症にならなくても周りの人を重症にしてしまう可能性があることを認識しなければなりません。
現時点ではコロナウイルスに対する確実な治療法がありませんから、感染しないことが重要となります。
あなたの家族や職場では、どのような対策を取っているでしょうか。
第二波が来ても、自分は感染しないという気持ちで確実な対策を怠らないようにしなければなりません。
マスクをすることでかなりの予防になると考えられますが、それだけでは不十分です。
これまでとは違った生活パターンを作り上げなければなりません。
もちろん、学校や仕事がある人は、100%の対策はできませんが、ポイントを知っておくことで効果を得られます。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.