ちょっとした生活の知恵を集めています

プチプラ・ブランドの比較

sawasawa
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sawasawa
0

手軽な値段で、様々なファッションを楽しむことができる、プチプラの洋服。「しまむら」,「GU」,「ユニクロ」,いずれも人気が高く、プチプラブランドとして定評がありますが、それぞれの特徴について検討してみたいと思います。

・ユニクロ

プチプラブランドの代表格としてユニクロは、老若男女問わず、幅広い年齢層の人たちから支持されています。

企画から製造販売まで一貫して「自社製品」にこだわっているところがユニクロの企業方針と言えるでしょう。ですから大量生産が可能で、 品質の良い商品を低価格で提供し、かつサイズも豊富に用意されているのです。

おしゃれなデザインを重視するのみならず、機能性や実用性にも配慮したアイテムも揃っています。また、シンプルなデザインの服が多いので、コーデ次第で効率よく着回すことができることもその特徴と言えるでしょう。

・しまむら

しまむらはその商品アイテムを様々なブランドから買い付けており、あえて自社でデザイン・製造することはしていません。各ブランドからの直接買い付けであるために、ユニクロや GU よりも商品の数は少なくなりますが 、他人とかぶることが少なく、自分だけのアイテムを探し求めている方には最適です。

しかし問屋などの流通経路を通さずに直接買い付けているので、低価格での商品提供が可能になるのです。

しまむらがメインの客層としているのは、 20代から50代の主婦層と言われています。したがって当然小さな子供連れの女性達も その顧客層となるので、子供用のグッズも販売しているのです 。

服の特徴は概ね、フェミニンやガーリーなどと言った女性らしさを前面に押し出した傾向の服が多くなっています。

なお SNSで、しまむらで購入したアイテムの画像を、そのまま掲載したり、実際に身に付けてコーディネートした姿を交換し合う方々も多くなってきています。

しまむらは郊外型店舗を展開している点もその特徴と言えるかもしれません。

・GU

GU とユニクロの違いはどこにあるのでしょうか?

ユニクロは品質にこだわり幅広い年齢層向けの商品アイテムを準備しています。

一方 GU は、10代から30代の若い女性を意識して、おしゃれな最先端ファッションに重きを置いています。

トレンドを取り入れ、価格を抑えているために、多くの若い女性たちに支持されているのです。

 

0
この記事を書いている人 - WRITER -
sawasawa

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.