ちょっとした生活の知恵を集めています

札幌雪祭りの裏技「前日」観光で余裕の行程、代金も割安。

Yusuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke
0

札幌雪まつりは全国からたくさんの観光客が集まりどこも大混雑します。「せっかく行くのだからゆっくり雪像を見たい」、「人混みに揉まれたくない」というかたにおすすめなのが、開催日の「前日」をめざして観光することです。 雪まつりの期間中は大混雑する飛行機やホテルも、前日であれば、予約が取りやすく、料金も安くなることがあるのです。

じっくり「雪像」観光

まだ開催していない時に?と、疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、完成前の雪像製作の様子を「前日」に見学するのが、裏技とも言えるポイントです。
札幌雪祭りの醍醐味は、高さ20メートル近くもある、大雪像を見ることですが、前日は観光客も少ないので、至近距離から見学することができます。近くで見ると、細かく丁寧に彫られた細工の見事さに感心させられます。

とりわけ、大通会場11丁目の国際広場では、「国際雪像コンクール」が開催され、世界各国のクオリティの高い作品が展示されています 。前日であればほとんど完成していますし、 まだ製作途中のものもあるので 、製作者たちが、小さい道具を巧みに使って仕上げをしているなど、現場の様子を事細かに見学できますから、完成品を見た時に、それが人の手によって作られているという驚きと同時に、雪像の完成度の高さに本当に驚かされます。

また前日であれば雪像のライトアップや、プロジェクションマッピングも行われるそうです。

雪像ならぬ「氷の像」がメインのすすきの会場でも、制作現場を見学できるそうなので、雪像制作と見比べてみるのも一興かと思います。

人気の「食の広場」

雪像の展示のほかに、毎年、人気となっているのが「北海道 食の広場」です。札幌ラーメン、ジンギスカン、生うに丼、焼きホタテや焼き牡蠣など、約50種類もの北海道の美味しいグルメ、そして普段なかなか食べられない本場の味を堪能できます。
雪祭り開催中はどこも大行列になりますが、前日の昼からオープンしているので、それほど並ばずに買えて、設置されたテーブルとイスでゆっくり食べられます。

3丁目には巨大ジャンプ台が登場し、雪祭りの開催に合わせて、スノーボードやスキーの本格的な競技が行われます。
大会の前日には、最後の仕上げとして練習が行われているので、ジャンプ台の近くで見学することができます。

人が少なくゆっくりと散策できる前日に会場内の予習しをておくことで、当日はスムーズに回れますし、食べたいものもゲットしやすくなるでしょう

札幌、雪祭りの旅行代金を抑える方法

旅行代金が、高くなる要因の1つは、ホテル代があげられます。
札幌雪祭りの期間は、飛行機代もホテル代も大幅に高くなります。相場としては、平日で1.5倍以上、週末で最大2倍~2.5倍になるそうです。

そこで費用を安く抑えられるおすすめは、
① 日程としては雪祭りの開催前に出発すること、
② エリアとしては、「中島公園エリア」と「新さっぽろエリア」にホテルを予約することです。
中島公園から大通公園までは地下鉄で2駅で行けますし、新さっぽろからは地下鉄で乗り換えなしで約25分で行けるので、地下鉄の乗り方を確認しておけば便利な場所です。

札幌、雪まつりの旅、スタートに最適な「北海道開拓の村」

おすすめなのが、札幌郊外にある野外博物館の「北海道開拓の村」です。ここでは、明治時代~昭和初期に建設された貴重な建物を移築したり復元したりして展示されています。54.2ヘクタールという広大な敷地の中に、「市街地群」「山村群」「漁村群」「農村群」という4つのエリアがあり、当時の人々の暮らしを再現しています。

冬限定で、開拓当時の冬の暮らしを学び、体験できる、「冬の生活体験」というイベントも開催しています。
物資が少なかった明治~昭和初期の時代、北海道の人たちは、寒い冬をどう過ごしてきたのか、見学したり体験したりできるイベントです。
ここでしか食べられない料理をいただける「開拓の村食堂」にもぜひ立ち寄ってみてください。
おすすめなのは、オリジナルメニューの「屯田兵定食」です。
にしんそぼろ丼、手作りのいも団子焼き、味噌おでん、豚汁などがセットになったボリューム満点の定食です。

このように、北海道開拓の村は、北海道を知るための場所として最適です。
札幌雪祭りにお出かけの際は、ここを旅のスタートとしてプランを立ててみると良いでしょう。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.