ちょっとした生活の知恵を集めています

世界のコロナの第二波

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

世界中で猛威を振るったコロナウイルスですが、感染者の減少とともに経済活動を再開する国が増えてきました。
しかし、第二波に向けて十分な対策を行っていないと、再び外出規制をする事態となってしまいます。
すでに、深刻な第二波状態となっている国もあります。
日本は諸外国から少し遅れてコロナウイルスの流行が始まりましたから、第二波への対応も他国を参考にすることができます。
ただ、第二波への対応には経済活動を優先するかどうかによって、方針が大きく変わってくると考えなければなりません。
政府は7月22日からGoToキャンペーンを開始しました。
このキャンペーンによって観光業を復活させようとしているのです。
その目的は誰もが賛成しますが、このタイミングで行うべきかどうかについては異論もたくさんありました。
また、東京都を対象外としたことで旅行業界にも混乱が生じています。
キャンセル料の取り扱いなど仕組みが二転三転してしまったことで、キャンペーンの効果を疑問視する人もいます。
不安を抱えたままで、旅行をしたくないと考える人も少なくありません。
どれくらいの人が実際に旅行をするのでしょうか。
自粛生活が長く続いたため、気持ちを切り替えるためにも外出したいと考える人もいますし、自分たちが旅行をすることで、観光業界を援助することができるとみることもできるでしょう。
それは間違っていませんが、第二波の危険性には十分な配慮をした行動が求められます。
各地で学校が再開され、通勤電車は人が増えてきました。
マスクと消毒だけで防ぐことができるかどうかは不透明ですが、何もしなければ確実に感染拡大となっていくことでしょう。
世界の状況を参考にしながら、自分たちがどうすべきかを考えなければなりません。
これまでも、世界のコロナ対策と日本の対策の違いを指摘する声が少なくありませんでした。
日本人は冷静に自主的に対応できる国民として自慢する人もいます。
第二波が広がったとしても、その態度を変えないようにしなければなりません。
若者の感染が多くなっている第二波ですが、国内での感染者数望佳に比例して入院患者も増えていますから、医療のひっ迫も目前と判断できるでしょう。
政府と医療関係者の見解の違いが報道されており、個人がどう判断するかは難しいところでしょう。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.