ちょっとした生活の知恵を集めています

クリアポロン:安全性と副作用

sawasawa
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sawasawa
0

新たにクリアポロンを使うにあたり、その安全性と副作用について気がかりな人も多いと思います。肌に直接つけるものですから、安全性の有無、副作用の有無について考えておくことは大事なことです。クリアポロンに含まれている成分の安全度、副作用などについて調べてみたいと思います。

クリアポロンの含有成分

・グリセリン→濃度が高すぎると肌の保湿をそこねます。

・BG→アレルギー体質の人は注意が必要です。

・ハトムギ油、ハトムギ種子エキス→小麦アレルギーの人はアレルギーを引き起こすかも知れません。

・セイヨウシロヤナギ樹皮の抽出液→サリチル酸に作用してアレルギーを発症する可能性もあります。

・アンズ核油→シラカバにアレルギー反応する人は発症しやすい可能性があります。

・プラセンタエキス→ごくまれですがアレルギーを発症する人がいます。

・アロエベラ液汁→きわめてまれですがアレルギーを発症する人もいます。

・キサンタンガム→トウモロコシアレルギーの人は、アレルギーを引き起こす可能性があります。

・水酸化K→濃度が高すぎると、肌荒れを引き起こす原因となります。

・フェノキシエタノール→肌への刺激が強いため、人によっては頭痛を起こす可能性もあります。


しかし以上の危険度や副作用は、過度に使用した場合や本人の体質に起因する可能性があるだけで、副作用の危険性が非常に高いと評価されたものではありません。クリアポロンは危険度の高いものが入っていないため、比較的安全に使える商品だと思います。

この製品の安全性については、日本国内の工場で、高品質の商品を製造するシステム管理が行われていることも挙げられます。また無添加なので肌にやさしくて敏感肌の人にもやさしい処方となっています。

クリアポロンに考えられる副作用

小麦アレルギー持っている人が、クリアポロンを使うと、ハトムギ油やハトムギ種子エキスに反応してアレルギー症状を起こしてしまう可能性があります。小麦アレルギーの人が、クリアポロンを使うときには、少量でパッチテストをしてみて、少しずつ様子を見ながら使い始めるようにしましょう。赤み、かゆみ、発疹など少しでもおかしいと思う症状が現れたらすぐに使用をやめてください。

 

まとめ

クリアポロンは、子供でも妊婦でも使用することはできますが、肌がデリケートな人は、少量でパッチテストをしてから使い始めましょう。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
sawasawa

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.