ちょっとした生活の知恵を集めています

スタッドレスタイヤの使い方と注意点

Yusuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke
0

雪道を走る時にはスタッドレスタイヤは必需品ですが、雪道で走る時に最高の性能を出しますから、夏場などとは違う走り方をすることになります。
特に注意が必要なのは、雨が降っている場合には、スタッドレスタイヤの方がハイドロープレーニング現象が起きやすく、スリップしやすくなります。ですから、使い方を間違えると思わぬ事故を起こしてしまうでしょう。

運転する時にはスタッドレスタイヤを過信してはいけません。ハンドルの切り方、ブレーキのかけ方も夏用タイヤの時と違います。その構造上、夏のシーズンに使用するとハンドルを取られたり、ブレーキの利きが悪くなったりする場合があるのです。

常に安定した走行をすることはできませんから、安全運転を心がけるようにしましょう。

スタッドレスタイヤはどのようにして雪道を走ることができるのでしょうか?

タイヤが雪道でスリップするのは、路面とタイヤの間に水の膜ができるためです。

その水をどうやって処理するかがスタッドレスタイヤの性能に大きく影響しているのです。

タイヤの表面には細かい溝が彫られています。

その溝は夏用タイヤよりも小さくなっており、その隙間に水分を吸収するのです。その溝のことをサイプと呼びますが、サイプが雪とタイヤの間の水分を救い出す効果があります。そして雪面とタイヤが吸着しやすくなるのです。

ゴムは柔らかい素材となっていますから、路面への吸着を促進します。

凍結した路面を走るためにスタッドレスタイヤは柔らかくできています。雪道は低温ですから、低温でも硬くならない素材を必要とするのです。

ですから、ブレーキの利きが弱いとか、急ハンドルに対応できないという弱点があります。

使用する上での注意点

車のタイヤは天然ゴムを使用しているため、一定年数が経過するとタイヤとしての性能は大きく劣化します。車のタイヤは天然ゴムを使用していますから、経年劣化が避けられません。したがって、使用頻度にかかわらず一定年数が経てば新品と交換しなければならないのです。

多くの人は、見た目は劣化していることがわからないので、車を廃車にするまで履き続けがちです。しかし、数年おきにタイヤを交換することが必要なのです。

また、タイヤの溝がすり減ってくると事故の危険性が高まりますから、プラットフォームと呼ばれるマーカーがタイヤに付けられていますから、これを目安にタイヤを交換しましょう。

夏用タイヤをスタッドレスタイヤに交換した後は、運転に慣れるまで安全走行に努めることが肝心でしょう。

スピードの出し過ぎや急ブレーキには対応できないと考えておかなければなりません

夏用タイヤと比較すると、ハンドルの効き具合やブレーキが弱いと感じることもあるでしょう。

また、初めてスタッドレスタイヤを装着した場合は、慣れるためにしばらく高速道路は走らないほうがいいでしょう

スタッドレスタイヤで夏場も走ることは可能ですが、通常タイヤよりも性能が落ちていると認識しなければなりません。

交換の時期と保管

スタッドレスタイヤに交換するには、天候を見ながらタイミングを計るのではなく、シーズンが始まる前に交換しておくことをおすすめします。大概の人が、タイヤの交換を整備工場などに依頼すると思いますが、雪の天気予報が出ると、たくさんの人がスタッドレスタイヤへの交換を依頼するため店舗ではさばききれなくなることがあります。

なお、有名メーカーだけではなく、たくさんのメーカーのスタッドレスタイヤが通販サイトで販売されています。どれを選ぶかは自分で決めなければなりませんが、交換して見なければ、実のところ性能はわかりません。

いずれにしても安全運転をしておけば、どのメーカーのタイヤでも安定した走行ができるはずです。

また、夏場の保管にも注意が必要です。

まず、日陰で通気の良いところで保管しなければなりません。そして、車のタイヤは年数とともに劣化していきます。

まったく使っていないタイヤでも寿命が来ることを認識しておかなければなりません。

また、走り方によってタイヤの消耗度合いは異なります。

スタッドレスタイヤを選ぶポイント

タイヤメーカーとして有名なのはブリヂストン、ヨコハマタイヤ、ミシュラン、トーヨータイヤ、グッドイヤー、ダンロップでしょう。

どのメーカーでも基準は満たしていますから、安全性に問題はないでしょう。

各メーカーは、対象とするユーザーに合わせていくつかの違った商品を販売しています。

①業務で毎日雪道を走る人と、雪道を走ることはめったにない人とでは、同じスタッドレスタイヤでも求める性能は異なります。

②また、凍結して氷が張る場合と、雪が降り積もった状態では求められる走行性能が違うのです。

③雪が降らない晴天の日もありますから、その時の走行もメーカーは考慮してスタッドレスタイヤを製造しています。

たとえば、ブリヂストンのタイヤは吸水性能を重視して、ダンロップは密着性を重視した商品となっているのですが、①~③の状況によって、吸水性能と密着性能のどちらが優れているかを比較することができます。

注意しておきたいのは燃費と寿命でしょう。

その人の運転状況によって大きく違ってきますから、厳密な燃費や寿命を比較することは難しいですが、口コミサイトなどを参考にして判断すると良いでしょう。

たとえば、ミシュランのスタッドレスタイヤは、柔らかい素材にすることで密着性を高めていますが、それは耐久性を損なうことにつながります。

これを改善するために、ミシュランのスタッドレスタイヤはタイヤの深い部分までサイプを入れており、表面がある程度摩耗しても雪道での走行を安定させることができます。

また、雪道走行では安定していても、高速道路を走るとハンドルがぶれてしまうこともあります。

当然ミシュランではそのための対策も施しています。

サイプの形状を丸くすることで高速走行時の性能を安定化させているのです。

まとめ

なお、国内で走っている車のスタッドレスタイヤのうち50%はブリヂストンだと言われています。日本のメーカーは世界でもトップクラスの売り上げを計上していますが、特にブリヂストンは世界のシェアの15%弱を占めていると言われています。

タイヤはゴムでできていますから、使用されているゴム素材の品質に大きく影響されます。

ヨコハマタイヤやトーヨータイヤは関連企業のゴムを使用していますが、ブリヂストンは自社でゴムを生産しています。

 

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.