ちょっとした生活の知恵を集めています

糖尿病網膜症の治療と手術

Yusuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke
0

1.糖尿病と糖尿病網膜症

そもそも糖尿病になるとどうして糖尿病網膜症になるのか、糖尿病と糖尿病網膜症の関係性について説明します。
糖尿病になると様々な合併症が引き起こされます。
その中でも三大合併症と言われるのが、「糖尿病網膜症」と「糖尿病神経障害」そして「糖尿病腎症」です。
糖尿病になるとどうして目が悪くなるのでしょうか。
目の一番奥の眼底部分には網膜と言われる神経の膜があります。
ここにたくさんの毛細血管があります。
糖尿病だと血液内に糖がたくさんありドロドロとした状態になっているため血液が固まりやすく、毛細血管を詰まらせてしまいます。
さらに血管の壁にもかなり負荷がかかるため、眼底出血することもあります。
このような状態になると血液の流れも悪くなってしまい網膜に酸素、栄養素が足りなくなってしまい糖尿病網膜症を引き起こしてしまうのです。

<糖尿病と糖尿病網膜症の関係性>

糖尿病の人は、血糖が高く、血液がドロドロの状態です。
これにより毛細血管が詰まり、血液の流れが悪くなり、眼底出血を起こします。
結果、網膜内に酸素、栄養素が不足。
体は新しい血管を使って不足している酸素、栄養素を補おうとします。
本来はない新生血管を作り出しますが、これが弱い血管なのです。
新生血管は破裂しやすく出血を起こしやすいです。
その結果硝子体から出血したり、網膜が剥がれたりして、失明する危険性が出てきます。

糖尿病と診断されたらすぐに眼科で検査を受け、その後は定期的に眼科の検査を受けるようにしましょう。
眼科で行った検査の結果は、糖尿病眼手帳などを使って記録していき、自分の状態を把握しておくことが大切です。

精密眼底検査を受ける頻度の目安を示します。
糖尿病だけど糖尿病網膜症ではない人の場合、半年から1年に1回のペース。
糖尿病網膜症の初期段階の場合、3ヶ月から6ヶ月に1回のペース。
糖尿病網膜症の中期段階の場合、1ヶ月から2ヶ月に1回のペース。
糖尿病網膜症の末期段階の場合、1ヶ月に1回のペース。
さらに硝子体出血がある人の場合、2週間に1回のペース。
こうしてみるとかなり頻繁に検査を受ける必要があります。
担当の医師と相談しながら検査の頻度を決めていきましょう。

 

2.レーザー光凝固術

症状が進行すると失明の危険性もある糖尿病網膜症。

 
少しでも早く発見して処置することが症状の進行を止めるために大切なことです。最終の末期段階になってしまう前に有効な予防方法が、レーザーによる光凝固術です。この治療法では、新生血管が出てこないように予防することができます。新生血管がすでにできてしまっている場合には、レーザーで焼きつぶすことによって出血を予防することができます。

何よりも大切なことは早期に発見して早期に治療を行うことです。
定期的に精密検査を受けて糖尿病による失明を防ぎましょう。

レーザー光凝固術についてもう少し詳しくお話します。
レーザーの光を使い熱エネルギーとして眼底の悪いところへ光をあて焼いていきます。
虫眼鏡で太陽の光を集めて、黒い紙などにあてると焦がすことができます。
これと同じ原理です。
施術を行いますが、入院の必要はありません。
外来通院で受けられるところがメリットでもあります。
また点眼麻酔だけで行える安全な治療方法ということも大きなメリットです。
施術後はしばらくまぶしさを感じると思いますが、ひどい痛みなどは感じないので安心です。
ただしそれぞれの症状によって部分的に眼底の一部を焼く場合、眼底を全体的に焼く場合では現れる症状などにも違いがでてきます。
1回の施術で直径0.2mmから0.5mmくらいのサイズを数十個から数百個凝固します。
1個あたりの照射時間は0.1秒から0.5秒程度で、写真のフラッシュをイメージするとわかりやすいと思います。
通常は1回あたりの治療でトータル15分ほど照射を行い、数百か所の凝固を行います。
これを3回から4回、外来通院で行います。

レーザー光凝固術は、早期なら80%という高い確率で効果を発揮する有効な治療方法だと言われています。
しかし時期が遅くなればなるなるほどその確率は低下していき、50%から60%ほどにまで下がってしまいます。
レーザー光凝固術は、糖尿病網膜症を治療するためのものではなく、あくまでも予防するための治療方法です。
そのため視力回復が期待できるわけではありませんが、現状より悪くしないため、将来的に安定した視力を維持するためにも大切な治療方法です。

3.硝子体手術

糖尿病網膜症の症状も末期になってしまった場合、硝子体から出血が見られたり、網膜が剥離してしまったりすでにかなり進行した状況になった場合には、失明をなんとか防ぐために外科的治療を行うことになります。
それが「硝子体手術」です。
新生血管から出てしまった血液を取り除いて、出血原因の箇所を特定して電気で凝固します。
はがれてしまった網膜を眼内へ空気を入れることで元の位置へ戻して、はがれた元の部分へレーザーを照射します。
こうすることで新生血管の再出血を防ぎ、網膜剥離を防ぐ予防効果があります。
かなり細かい作業の手術になり、顕微鏡を使って手術が行われます。
眼球に小さな孔をあけ、目の上から硝子体へ向けて直径1mm程度の円筒形の器具を差し込み、ピンセットやはさみ、吸引装置、レーザー、凝固装置、光ファイバーなど様々な機器を使って手術をします。
手術は局所麻酔でします。
手術の成功率としては80%、年々成功率も上がってきています。
同じような糖尿病網膜症の末期段階でも少しでも早く硝子体手術を行った方が当然成功率は高くなります。
こじれていないときに早めに治療を行うことで、成功率は90%にまで上がります。
逆にもっとひどくなって手術をすると、成功率は60%と各段に下がってしまいます。
さらに重症化したあとに硝子体手術を行ってたとえ成功したとしても、手術後の視力は0.1以下、なんとか日常生活において困らない程度に見える視力にすぎません。
しかしこれが早期に行われた場合には、視力は0.5以上まで回復できる確率が高くなり、文字を読むとか書くこともできるようになります。
糖尿病網膜症では初期、中期の状態で自覚症状があまりないので自分で気がつくことが難しく気がついたときには末期の段階まで行ってしまっていることが多々あります。
早期治療の機会を逃さないように、自覚症状がなかったとしても定期的に精密眼底検査を受けた方がいいと思います。
加齢に伴い目の検診の必要性も増してきます。
特に糖尿病と診断されている人には、検査の定期的な受診をおすすめします。
見えるから大丈夫と決して油断しないでください。
糖尿病網膜症は初期の段階を過ぎてしまうと、治療を行っても元の状態へ網膜を戻すことはほぼできません。
症状の進行を防ぐとか、再発を防ぐことしかできなくなります。
あとから後悔することのないように定期的な検診をしていきましょう。

 

 

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.