ちょっとした生活の知恵を集めています

コロナで注意すべきこと

Yujiro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro
0

コロナの第二波に対して注意喚起が叫ばれていますが、第一波の時とは状況が異なるとして、不要な心配はすべきではないと考える人が少なくありません。
多くの地方都市では感染者数の増加は見られないことから、第二波が到来していると判断できません。
ただ、感染者増加が顕著な東京都などでは明らかに第二波と判断していいでしょう。
第二波では若者の感染者が増加していることやPCR検査数が増えていることで、1日当たりの感染者数が見かけ上増えているだけだとみることもできるでしょう。
しかし、厚生労働省が発表しているグラフでは要治療者の数も比例して増加しており、無症状者や軽症者が多いとは言えません。
つまり、第二波もこのままでは深刻な事態を迎えることになると考えなければなりません。
緊急事態宣言によって経済の停滞が深刻となり、企業にとっては大きなダメージとなりました。
そこから経済復興に向けて動き出そうとしている時ですから、その歩みを止めたくないと考える気持ちは誰にでもあります。
しかし、第二波が全国に広がってしまえば、再度の緊急事態宣言も避けられなくなるでしょう。
すでに海外では第二波の影響が無視できなくなっている国もたくさんあります。
コロナウイルス感染を予防するための基本的な行動は、すでに誰もが理解しているはずです。
重要なことは、それを継続することでしょう。
マスクをし、手の消毒をするという単純なことですが、第二波が収まるまでは続けなければ意味がありません。
第一波の時にテレビでも何度も報道されていたように、気のゆるみが感染拡大につながってしまうのです。
私たちの生活は大きく変わってしまいましたが、それが現実であり、今は元の生活を取り戻す時期ではないと考えなければなりません。
学校は再開されましたが、多くのイベントは中止や延期となってしまいました。
人が生きていくためには食事だけではなく、他の人とのコミュニケーションが大切であることが、これほどはっきりと具体的に示されたことはないでしょう。
幼児から高齢者まで、自分たちの立場で感染予防に努めなければなりません。
そして、それと並行して充実した日常生活を取り戻す工夫をしなければならないのです。

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yujiro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2020 All Rights Reserved.