ちょっとした生活の知恵を集めています

ビットコインなど、仮想通貨は貨幣なのか?

Yusuke
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke
0

 

仮想通貨とは何か

昨今 Bitcoin とか仮想通貨が流行っていますけれどもその仮想通貨の話を皮切りに仮想通貨 2017年以降ビットコインの取引に占める日本人の割合が、ほとんど半分以上占めるようになっています 。仮想通貨のビットコインが代表ですが、これは金貨とか銀貨とか金属貨幣をモデルとしているようです。

ビットコインというのは、マイニングつまり採掘という、コンピューター上の難解な数理上の処理を解くと、その報酬としてビットコインが得られるということですが、そんなことができる人は限られているので、普通は取引所を通して手に入れるということになっているそうです。

これはまさに金貨と銀貨は鉱山の採掘により鉱山を掘って金を手に入れると似ていますが、誰でもが金山を掘れるわけではないので、普通は市場で入手します。多分それと同じことを模していると思います。

金山はどこにでもあるわけではなくて希少性があるので金の価値があるわけですね。ビットコインも同じように、発行上限というのがあって、発行量の上限がある上に、発行量が増えるとマイニングが難しくなるような巧みな仕組みなっているようです。従ってビットコインが欲しい人が増えると希少価値が高まり、価値が上がるという仕組みになっているようです。

 

縦の赤い点線が今ですから、まだ掘れると言う状態です。そしてだんだん無くなって頭打ちになるという予測です。まさに金貨とか同じ仕組みで、希少性があるのでみんな取引をしているということになります。

ビットコイン・仮想通貨の問題というのは、例えばハッキングをされて漏れてしまうとか、あるいは投機性があって暴落したり高騰したりするという問題があると言われるのですけれども、そういうことは技術的にいずれ克服されるとは思うのですが、問題は仮想通貨というのは一体「貨幣」なんでしょうか?

ビットコインは掘りにくくなるので価値があると言っても、それは一体何に裏打ちされているのが疑問なわけですね。

したがってこのビットコイン・仮想通貨とは何かって言うことを考えると、ビットコインはある意味、金貨の仮想金貨というような感じがします。

仮想通貨推奨意見

この仮想通貨を積極的に推奨する方々がおられまして、以下のように言っております。

要するにウーバーとかエア・ビー・アンド・ビーとかと同じで、IT の技術によってこれまで国のお墨付きが必要だったものが、国のお墨付きなしでできるようなったサービスというのがありますが、それと同じですと。これまでは国や権威のお墨付きがないと、お金っていうのは安心できなかったのだけれど、新しい技術を駆使するようになってそれができるようになった 。ウーバーとかエア・ビー・アンド・ビーと同じイノベーションなのだというふうに認識をしているとのことです。

もう一人、有名な仮想通貨のファンがおりまして、彼に言わせると、

金は採掘技術が進歩し、そのうち供給が増えたら価格が下がってしまう。米ドルは、中央集権的な権力が勝手に作っているので、いくらでも作れちゃうじゃないかといっています。ビットコインっていうのは、予測可能な有限性があるという意味で、金や米ドルより優れていると言っております。

これに賛成する論者は、いろんな言い方をしていますけど、一つ共通しているのが、「国家権力なしで通貨が発行できる。未来社会が、 IT のイノベーションによって実現できるのだ」と語っておられるようです。要するにブロックチェーンという技術によって、中央銀行のような権力に頼らなくても、誰でも通貨発行ができると言っているのです。

仮想通貨の問題点

しかしよく考えてみると、仮想通貨には、通貨として機能するうえで、ある重大な問題を抱えています

まず第一に、誰もが通貨を発行して、次々と流通していくと、通貨の価値が暴落するので、ハイパーインフレになってしまいます。結果的に、誰でも発行できる通貨は、誰も欲しがらないという事になってしまいます。

普通はこのように貨幣価値が暴落する事態になるので、従ってビットコインは発行上限が決められていたわけで、そこで希少性を担保して価値を高めているという仕組みになっているんですが、その発行上限、予測可能な有限性という問題、これはこれでまた、ハイパーインフレにはならないのですけど別の問題があります。

ビットコインっていうのは需要されればされるほど価値が上昇するのですが、貨幣価値の上昇っていうのは、裏を返すと物価が下落するということです。つまりデフレになってしまうのですね。要するに、ビットコインっていうの、は予測可能な有限性があるがゆえに、デフレを招くということですね。

ビットコインは金貨を模した、金貨の仮想じゃないかと言いましたが、これは実際に次のようなことが起きていてしまいます。

昔、金本位制がとられ、金の量を足かせにして、貨幣の価値を担保していた時代がありました。当然、金というのは、有限なので、それで価値が担保されるのですけれど、それでデフレが起きちゃうのですね。要するに、貨幣需要が高まっても、貨幣の供給が、その世の中の貨幣需要と関係なく、金の量に制約されます。お金が不足すると、お金の価値上がるので、みんなお金に殺到するようになります。1930年代の世界恐慌は、まさに大デフレ不況だったわけですけれど、世界恐慌の原因、あるいはそれが深刻化した原因は、金本位制にあったと言われていて、世界恐慌からの脱出っていうのは、金本位制から離脱して、貨幣を、金と紐付けないで、どんどん流通させたので貨幣不足がなくなって、 つまりデフレからインフレに転じたので、世界恐慌から脱出したと言うことなのです。

金と違って米ドルは勝手に増やせるからデフレを防げるのですね。資金需要が出てきた時には、金と関係なく勝手に米ドルを増やすことで、デフレから脱却できるということになりました。

じゃそもそもデフレとは何か?ということを改めておさらいしますと、デフレというのは継続的な物価の下落、つまり貨幣価値の上昇ですから、お金の価値が上がるっていうことなので、人が物を買うよりも、お金を欲しがる状態、要するにカネの価値が上がるので、カネを使わないで貯めておくということになります。

おカネの価値が上がるっていうのは何が悪いのかと言うと、皆がお金を使わなくなって、金を貯めていくので消費をしなくなる。そうすると仕事がなくなっていくので、みんな消費しなくなる。するとマーケット小さくなるので、今の世代が貧困化します。それから当然投資もしなくなります。特に銀行からお金を借りて投資をするっていうことは、まず、しなくなります。お金を使うのが勿体ないし、デフレで貨幣価値があがりますと、後で借金を返済する時に、借金が膨らんでくるという状態になりますから、誰も借金しない。

今、日本では、企業が内部留保を溜め込んで、けしからん、使わせろという話になっていますけれども、これはちょっと情状酌量の余地というものがあって、デフレの時は、投資できないし、誰も消費をしてくれないから、モノも売れないので、お金の価値が上がっているとき、つまりデフレの時は、お金を貯める、貯蓄するっていうのは経済合理的な行動なんですね。だから内部留保を貯めているのがけしからんと言うのであれば、デフレを脱却しなきゃいけなくって、デフレの脱却っていうのは、民間だけじゃどうにもならない。おカネの価値が上がっているのに、誰かが馬鹿みたいにお金を使うっていうことがないといけないのですけど、そんなことはできないので、したがってデフレの時の内部留保は、しょうがないと思います。

デフレの原因は貨幣価値が上昇している、つまり貨幣供給が不足しているということなので、デフレ対策っていうのは、貨幣供給を増やせばいいわけです。そうすればお金の価値が下がりだすと、今度はお金を使わないともったいない、お金持っていてもおカネの価値下がっちゃう。従って消費もするし、投資もする、これが経済成長というもので、従って経済成長ってのは普通は、あまりひどいインフレだと話は別ですけど、マイルドなインフレを伴っているのが普通であります。日本が、ずっと経済が停滞しているのは、デフレだからだということであります。そうする貨幣供給を増やせばいいということなのですが、問題は「貨幣」とは何だっけということなんです。

ここで問題なのは、「商品貨幣論」、つまりさっき申し上げた金貨と同じ発想なのですね。仮想通貨もこの商品貨幣論に立っているのですけど、貨幣とは何かというと、もともとこの勘違いはすごく広まっているのですけど、物々交換っていうのは原始的に元々やっていて、原始的な時代は物々交換やっていると不便なので、金で交換していました、そのうち金だとめんどうくさいので紙幣になりました、そして最近なるとそれが電子マネーになりましたというような貨幣観ですね、これがとっても広がっていて、大人でもついついこう思っているということなのです。では紙幣って、何のためにあるのかというと、最後は貴金属との交換が保証されているから安心だとするわけです。金本位制がこの考え方なのです。

まとめ

ところがこの考え方はもう間違いだっていうことを、我々は気付いています。なぜなら米ドルは1970年以降、金との兌換が停止されていますけども、依然として国際通貨として流通し続けています。歴史を紐解いてみますと、例えばイギリスも、19世紀の一時期、金との交換を停止していた時期があったのですけれどその間、ポンドは使われなくなったかというと、むしろ逆で、ポンドが国際通貨としての地位を確立したのは、その時だったんですね。

以上ビットコイン等仮想通貨は、投機の対象としては意味があっても、通貨として流通させるには「金本位制」と同じ問題を抱え込んでいるのです。

参考文献:「奇跡の経済教室」中野剛志氏, 「MMT入門」三橋貴明氏,

0
この記事を書いている人 - WRITER -
Yusuke

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ソロモン:生活の知恵 , 2019 All Rights Reserved.